スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュートセレクション

今日ネットサーフィンをしていてシュートセレクションについての記事を見つけた。

「シュートセレクションという言葉は使わない」

という名前で書かれたその記事は私の中にとても腹落ちする内容だった。


印象に残った言葉を挙げてみる

■シュートセレクションが悪いと怒るなら、
 シュートの成否に関わらず怒るべきだ。

→現実にはほぼ外した時にしか言われない言葉であるように思う。
 
結局はシュートは決めればいいんだと思う。

外した事は批判にさらされて然るべきだけど、
今は打つタイミングじゃないから、とか
そんな理由の批判は無視し続けて行こう。


以前の記事にも書いたかもしれないけれど、
速攻の場面でもノーマークで自分のタイミングなら
迷わず3pシュートを放つ。これは譲れない。

外したとして外すなという批判は甘んじて受けるけど
撃つなという批判は受けない。

それをエゴだとは思わない。

シュートは打たなきゃ入らない。
そしてシュートを決めなきゃ試合には勝てない。


そんなことをまた再確認できた昼休みの一幕でした。


(そういえばこの前の飲み会でもお前みたいに好き勝手に
シュート打つやつは昔だったらフルボッコだよ的な事を
言われた気がする。)




No.7(長男)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

言った気がするwww

そして前から言ってるけど、

やってるバスケそのものが違うとも言ったはず

年代の差だよ、年代の。。。

No title

いやーしかしそろそろ本当にもうバスケしたいです(^^)
湶家
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
トータルアクセス(UU数):
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。