スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考察

パワーのなさについては自覚がある

小学生時代から長距離は得意だった。
それに限らず短距離もそれなりに速くて
いわゆるスポーツ少年だった。
ただパワーがなくてハンドボール投げとか
握力とかがからきしで長座体前屈もダメだったから、
スポーツテストはいつもB判定だったよね。

小学校入りたての頃は運動ができるって自覚はなかったんだけど
イノベーションが起きたのは小学校2年のマラソン大会で優勝したことかな。
1年生の時に優勝してバリバリの優勝候補だった横田君に勝って、
1位になったんだよね。それで何だオレできるじゃんって。
そっからマラソン大会は5連覇したからね。

近所でも評判のスポーツ少年に成長した私は、
4年の終わりにサッカー、野球、バスケの3競技の
競合を経て、バスケを始めるんだけどこれが運命の分かれ道だったよね。

中学に入って、バスケを続けるんだけど、
相変わらず長距離は得意で中2、中3と学校の代表に留まらず
市の代表にまで選ばれてしまった。駅伝で。笑
挙句の果てに郡市対抗の県大会で区間賞を獲ってしまったもんだから、
高校の陸上推薦まで来る始末。。。
スポーツテスト相変わらずパワーがなくてはいつもB判定だったよね。
それでも中学では身長が25cmも伸びて少しずつ変わってきた。

高校に入って今まで全くそんなこと考えたことなかったんだけど
遊びで跳んでるうちにリングを掴めるようになった。
中学の時までは速攻要員でずっと走り続けるってのが
最大の持ち味だったんだけど
跳躍力を自覚して後は元々長距離シュートも割と得意だったから
どんどん点を獲れるようになっていった。
ここで今の原型ができたよね。
(点が獲れるようになった分、DFのさぼり癖も…)

長距離は小学校2年生から高校3年生まで11年間学年TOP
短距離も高校に入ってまた少し早くなって50mのベストは6.2秒
立ち幅跳びも272cm
握力は30kg代...と相変わらずパワーはなかったんだけど、
長距離以外でも10点獲れるようになって、
スポーツテストはA判定を獲れるようになった。
多分学年TOP5には入ってたんじゃないかな。

で、パワーの話なんだけどホントにウェイトとか
大嫌いでやった事がなかった。
筋肉に負荷をかけるのが大嫌いだったんだよね。
心肺だったらいくらでも大丈夫だったんだけどね。

なんだけどいよいよ大学で壁に直面して、
やったんだよねウェイトを。
同じく非力なやつがいてそいつと頑張ったら
如実に効果が出てバレーボールダンクができた。
でバスケでも体幹がしっかりしてプレーに
キレが出た。

ALLSTARSとかEaglesの人とかって俺に「非力」ってイメージは
持ってないんじゃないのかな?

で、ここからなんだけど
元々あった持久力。
元々なかったパワー。


後者は元々なかったのであれなんだけど、
持久力が全然なくなってるよね。

ALLSTARSとかEaglesの人とかって俺に「持久力がある」ってイメージは
持ってないんじゃないのかな?

だけど、小中高とめちゃめちゃ走ってた訳だから、
パワーつけようとするよりはるかに素地があると思う訳。

と言う訳で7月15日から応募が始まる東京マラソンに応募して
モチベーションカチあげて持久力の強化にも励みたいと思います。
(ウェイトが一段落したら。)


そんなこんなで次男の「考察2」へ続きます。


No.7(長男)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

湶家
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
トータルアクセス(UU数):
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。