スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山梨遠征~KO Funk!!~キスミント杯 その1

という訳で、遅くなりましたが行って来ました山梨遠征。

3/24(土)

天候が危ぶまれていましたが、めでたく開催決定。
5時起きで一路甲府へ。
あずさ1号が休日は動いておらず出鼻挫かれるも
なんとか試合開始の15分前に現地入り。

予選リーグ初戦 vs yips
予選は3チームで戦い1チーム抜け。
もう1チームが強豪チームという事はわかっていたので
波に乗りたい試合。
と気合を入れて臨みましたが拍子抜けするくらいの完勝。
33-4 ここで大差付けれたのがあとで効きました。

予選リーグ2戦目 vs Tycoons
HOOPERS BALLER TICKTACK擁する強豪チーム。
序盤から一進一退の攻防相手はさすがのフィジカルで
得点をもぎ取る。
こちらはアウトサイド中心でくらいつく。
なかなかラフな戦いでとっては取り返す熱い戦い。
ラスト数十秒で長男が3p決めて12-9と3点リード
このまま勝利できるかと思いましたがそこはさすがに甘くない。
ブザービーターの3pをTICKTACKに決められ、
12-12 と引き分け。
初戦分の得失点差で決勝T進出決定。
正直この部分はレギュレーションが不確かな部分もあり、
申し訳なかったかな。
ただ、試合そのものはすごく楽しい試合でした。
いつか再戦して決着付けたいですな。
勝手に予選リーグのベストバウトだったと思ってます。


決勝T一回戦 vs ∞
山梨の名門?クラブインフィニティとの対戦。
あの細田さん擁する強豪チーム。
序盤から主導権握られ苦しい展開。
この試合は一応長男の活躍が大きかったかな。
中盤から得点を量産し残り数十秒同点から
長男が3pを決め、相手にFTを決められるも2点差で勝利。
と思いきや、試合終わってなぜか18-18の同点。
えっ??となり抗議。ビデオを確認するもその場では結果でず、延長へ。
グダグダなりながら何とか勝利21-20
後日談ですがビデオ見返したらやっぱ20-18で延長なる迄もなく勝ってました。

決勝T 準決勝 vs UNDERDOG
言わずと知れた超強豪ストリートチーム。
トーナメント出た時点でUNDERDOG試合する事が
目標と思ってました。
試合は序盤から一進一退の攻防。
#1 次男がオープニング3pを決めれば、
#3 カンダムがミドルや技ありのターンシュート
#9 三男がブロックに行こうとしたらダンクかまされる等
シードチームなので初戦でまだ目覚め切ってないUDに対して
湶家は最大限の出来でくらいつく。それでも局面は劣勢。
その中で#7 長男の3pやジャンパーも飛び出し終盤までは
18-16と2点のリード。
勝利が見えてきた中で固くなったのか、徐々にDFが後手に回るようになる。
完璧にはやられないまでもゴール下でのファウルが嵩む。
そこでのFTを確実に決められ残り十数秒で同点。
マイボールからのボールからの攻めで痛恨のミス。
ラスト相手のオフェンスをファウルで止めるもFTを決められ万事休す。
18-19 で悔しい敗戦。
正直10回やれば9回はぼこられる相手。に10回に1回の出来が出せただけに
勝ちたかった―。
そもそも試合をしたいって気持ちで入ったのがダメ。
そんな格上でも食ってやるって気持ちで臨まなきゃダメ。
いや勿論試合始まってからはそのつもりでしたが。
心構えの話。
まーでもシードチームを一番脅かしたという意味では
これもまた決勝Tのベストバウトだったんじゃないかと、ね。



【まとめ】
ストリートで戦うにはまずフィジカル不足
それからシュートでもドリブルでも自分だけの武器
そしてやっぱりゲームを決めきるシュート力

まだまだ上手くなれる、強いチームになれるって、
身長の高さは関係ない。
心の強さの方が重要だ。
なんて事を思った今回のKO Funk!!でした。

ちょっと長くなったのでその2へ続く!!


No.7(長男)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

湶家
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
トータルアクセス(UU数):
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。