スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ALLDAYを終えて

5/12(土) 『湶家』として、ALLDAYに初出場して来ました。

結果は初戦 vs UNDERDOG に8-25で完敗。
ホントに絵に描いたような完敗。

ただ、その後 UNDERDOG が勝ち進み、優勝した事で朧げながら、頂点への距離感が掴めたように思います。(もちろん湶家戦でUNDERDOGがその全てを発揮してないことも織り込み済で。)

さて、振り返って試合の話。
『湶家』といいながら急造チームで臨んだ一戦。

試合前の作戦は、
1.インサイドプレーヤーにつかれた選手(恐らく長男)が相手を外に誘き出し、ドライブで勝負する。
2.がっぷり組んでも、あっさりひねられるのは目に見えているので、早い展開から積極的にシュートを放つ。

の2点でした。


コートでのアップの時間が来て、心境はまさに山王戦前の湘北。
『つ、強そうだぁ』という感じ。
なんてったってでかい。
その時点で呑まれたメンバーも多かったのでは?
(僕は元来、試合前には緊張のピークは過ぎて辿り着いた赤木状態になれるタイプなので大丈夫でしたが。)


相手のスタメンは190cmオーバーを3人揃えたラインナップ。
対して湶家はスタメンで2番目にでかい長男が180cmアンダー笑


いざ、ティップオフ!
あっさりと先制される。

返しての湶家のオフェンス。
試合前のゲームプラン通り、4番ポジションの選手につかれた長男が、ドライブからレイアップを決める。

2-2

ゲームプラン通りに運べたのはここまででした。

その後はリバウンド完全支配&ミスも出て、あっと言う間に差が開いてジエンド。

4-9

からのFT2本とゴールテンディングがあって、

8-9 まで食い下がれれば違う展開もあったかな、と。(たらればは厳禁とわかった上で言ってますが。)

結果は4点しか入らないまま、19点まで点を積み重ねられました。
その後意地でもぎ取った4点も時すでに遅し。

8-25 での敗戦と相成りました。

今回の湶家も決して低スペックだった訳ではありません。むしろ可能性のあるメンバーになったと思う。
それだけにもっと極端な制限をつけたプランで臨むという道もあったのかなというのは今になっての反省です。

負けはもちろん悔しいけど、これを次にどう活かすかが大事。

たった12分間でしたが、ALLDAYという最高の舞台の空気を味わえて良かった。
次男と三男(と神田さん)も連れて、この舞台に帰って来たいな、と強く思いました。


ちくしょー



No.7(長男)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

湶家
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
トータルアクセス(UU数):
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。