スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HITH TSS GAME2 とこれから

昨日、HITH TSS GAME2がYOYOGI PARKで開催されました。

私は今回も「DaFAM」で出場。

売店のお姉さんに話しかけたら「湶家」の事も覚えててもらってたみたいで
うれしかった。「湶家」の次のGAMEも来月に控えてますが、その話はまた改めて。

さて試合の方は、抽選でまさかの第1試合となり、
しかも調子が出ないままに敗退。

敗者復活に回りました。
敗者復活では相手が弱かったこともあり、快調に連勝。
本戦Tへの切符を手にしました。

本戦Tは抽選で優勝候補筆頭「NEW SIDE BALLERS」との対戦に。
相手チームには石川で活躍してたネイサンがいましたよー
先制するも、相手の高さの前に屈し、敗退。

結果ベスト8 で終戦しました。

去年から湶家で出てても思うけど、予選は弱者をふるい落とす戦い、本戦は強者を決める戦い。
実は予選を抜ける事はチームのスペックを見ても難しくはないと思う。
(余程くじ運が悪くなければ笑)
ただそのあと上に行けるかは別の問題。
もう1ランク上の力が必要だと思う。

ただ最初にWHO'S GOT GAMEでちんちんにされた時と比べれば
格段に良くなってるのも事実。
これからいよいよ個の力に加えて、チームとしての
決めごとやスタイルを作っていこうという話をしていました。



その矢先、


チームの中心であり、象徴と言える選手であり、師匠と慕う、
このブログにも何度か登場してるシンさんが上のカテゴリで
挑戦をすることが決まった事を告げられました。

シンさんとは、まだそんなに長い付き合いではないですが、
バスケにプライベートにバスケにバスケに、
DaFAM(=The Family)というチーム名が表すように家族のように世話になっている
同級...ゲフンゲフン...先輩です。
多い時は週に5回くらいバスケをして寝食を共にするような仲です。

バスケをしてて、自分がプレイをするカテゴリでは体格で負けてたとしても
身体能力で完全に凌駕される人は実はそんなに多くないです。
シンさんはその多くはない人の内の一人。

だから、味方としてバスケをしても、敵としてマッチアップとしても
やりがいがあって、めちゃくちゃ楽しい。
毎週木曜日、遠い道のりをDaFAMの練習に向かう事ができたのは
8割方、シンさんに会う事ができ、1on1をすることができたからです。

そんなシンさんを失うのは、手応えを感じ始めてただけに
チームとしては大きい。他の誰を失うより大きい。

シンさん抜きでチームが標榜する、来年の5/5 HITH CHAMPIONSHIPの
切符をとることは不可能だと思う。






今のままでは。





シンさんがいないからとチームの練習に参加しなくなることも
チームを離れることもそれは容易い。






だけど、






今のままで終わる訳にはいかない。
勝ちたいし、上手くなりたい。
なにより家族のように思えるこのチームで強くなりたい。
何にでも替えのきく選手ではなく、チームに特別な何かを与えられる存在になりたい。

勘違いかもしれないけど、一番伸び代があるのはあるのは自分だと思うし、
自分が成長できるチャンスだと前向きにとらえたい。

そして、5/5の切符を獲得し、シンさんの凱旋の場を用意する。
それが一番の恩返しだと思うから。

その時に隣に自信を持って立てる選手になれるように
一緒にプレイするに足る選手でいられるように
カテゴリは違っても、精一杯オレもやろうと思います。

負けらんない。



頑張りましょうねDスケさん!
Happy Birthday!!
431076_217114518417605_475549845_n.jpg






No.7(長男)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

湶家
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
トータルアクセス(UU数):
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。